運動機能を維持することが大切な5つの理由

「ずっと健康でいたい」

「歳を取っても自分の足で歩きたい」

誰しもが願うことだと思います。

2021年に発表された男女の健康寿命はというと

参考元:厚生労働省 健康寿命の令和元年値について

お灸さん
男女とも10年近く平均寿命と差がありますね。

この差をいかに埋めるか。

寝ていてばかりいては、健康なまま寿命を全うすることはできません。

むしろ、何もしなければ健康ではない期間が伸びていってしまう可能性が高いです。

長く健康でいるためには当然ながら食事、運動、睡眠が大切になります。

そして、この3つの中で健康寿命を長くするために特に大切なのが運動です

なぜ運動が特に大切なのか、具体的にどうすればいいか。

今回ご紹介する本に、その答えが書いてあります。

この本でわかること
  • なぜ運動が大切なのか
  • 何が衰えていくのか
  • なぜ体が硬くなるのか
  • なぜ筋力が衰えるのか
  • 健康でいるためのエクササイズ

日頃どのような生活をし、運動をしているのか。

これらのことに気をつけているかどうか、歳を重ねるごとに周囲との差が見えてきます。

リキヤ
ずっと自分の足で歩いていたいですよね。
園部俊晴
コンディション・ラボ所長、理学療法士。足・膝・股関節など、整形外科領域の下肢障害の治療を専門としている。一般からスポーツ選手まで幅広く支持され、Jリーグ、プロ野球、陸上、プロバスケットなどの一流アスリートや著名人などの治療も多く手掛ける。

なぜ運動機能が大切なのか

『健康寿命が10年延びるからだのつくり方』では健康寿命において、運動機能が特に大切と説明されています。

運動機能が大切な理由
  • 血流維持
  • 代謝が上がる
  • 内臓機能の維持
  • 認知機能の維持
  • コミュニケーション

動くことで様々な機能が維持できる

運動機能が衰えることなく、自分の足で歩き活動量の多い生活をしていると血行もよくなり代謝が上がり、食欲も湧くため内臓機能も元気に維持しやすくなります。

リキヤ
僕も訪問で高齢者に鍼灸マッサージをしているのですが、元気な方はよく食べています。

そして動くことができると、自分の意志で人との関わりに参加することができるため、認知機能の維持にもつながります。

お灸さん
運動機能を維持することは歩くことだけが目的ではなかったんですね。

40歳以降は筋力が低下する

40歳以降は1年に1%ずつ筋力が低下するといわれています。

その減少は下半身の比率が大きく、下半身の筋力が低下することでサルコペニアのリスクを高めてしまいます。

40歳で運動を生活に取り入れるか取り入れないかで、その後の生活が変わってきます。

補足サルコペニアとは主に加齢による筋力低下で日常生活に支障が生じ、転倒による骨折、要介護のリスクが高まってしまう状態のことです。

いくつになっても筋肉はつく

お灸さん
もう40歳をすぎている人はどうすれば?
リキヤ
ご安心ください、何歳からでも筋力は鍛えることができます。

筋肉をつけることは、確かに時間がかかります。

しかし運動を始めると、筋肉がつく前に今まで眠っていた神経たちが覚醒してくるので動きやすさを実感することができます。

動きやすくなれば自然とモチベーションは上がるもの。

特に日々、動きにくさを感じている高齢者の人たちは動くことへの自信をなくしてしまっているため、運動を始めることで自信を取り戻すことができ、精神的にも良い影響を与えます。

何歳になっても運動を始めることに「遅すぎる」ということはありません。

『健康寿命が10年延びるからだのつくり方』を読んでみて

高齢者に携わる人向けに本かな?と思いましたが、違いました。

若いうちから運動を取り入れることがなぜ大切なのか、詳しく教えてくれる本でした。

紹介されているエクササイズの内容も健康寿命を伸ばすためだけでなく、キレイな姿勢になるためのエクササイズとして最適です。

僕自身こうやって記事をパソパソと書いているので、座っている時間も増えたため紹介されているエクササイズを取り入れています。

リキヤ
とてもシンプルですが、そこがまたいい。

おわりに

  • どこが衰えるか
  • どこが硬くなるか

著者の園部俊晴先生はリハビリの先生なので、これらのことを熟知されています。

エクササイズもただ効果的なものを紹介するだけでなく、なぜそのエクササイズが必要なのかをわかりやすく説明して紹介されています。

そして、やることは意外とシンプル。

現在、自分の体がどうなっているのかを知るチェックもついているため、どれくらい衰えているのかがわかります。

リキヤ
この本をきっかけに、生活の中に運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。
こんな人にオススメ
  • わかりやすいエクササイズ本を探している人
  • 何もしないと体はどうなりやすいか知りたい人
  • 座っている時間が長い人